信用情報に傷がついたときの対処法は?

だれにでも、クレジットカードの支払いなどで、たまたま口座に残高を用意し忘れていて、延滞をしてしまうことなどは一度くらいはあるものです。そうやって信用情報に傷がついてしまったときにはどういった対処をすればよいでしょうか。

 

信用情報は過去の情報ですので、一度傷がついてしまうと一定の期間が経過するまでは絶対に消えません。延滞をしてしまったカードについては、解約をすることも検討する人もいるかもしれませんが、実は解約をしてしまうとより傷が深くなってしまうこともあります。

 

CICでは、たった1回の延滞でも記録が残りますが、24ヶ月という期間に限られます。つまりは、一度延滞をしてしまっても、その後の24ヶ月間健全な支払いを続けていれば、不利な情報は押し出されて消えることになります。もしも解約をしてしまっていたら、24ヶ月間健全な支払いを続けて不利な情報を押し出して消すということができなくなるので、このようなケースでは解約はしないほうがよいです。

 

ローンの返済で滞納をしてしまったケースですと、早めに完済をして解約をしてしまったほうがよいかもしれません。信用情報にどういった記録が残っているのかによってケースバイケースとなります。

 

また、ちょっとくらいの傷がついているだけなら、問題なく審査に通ることもあります。銀行では信用にたいしてとても厳しいと言われているので、たった一回の延滞の記録があるだけでも審査に落ちることもあるようです。しかし、クレジット会社や消費者金融キャッシングでは、信用情報に少しくらいの傷があっても、それが重大なものでなければ審査に通る可能性もあります
北陸銀行