銀行借入限度額と自分なりの予想限度額

銀行のカードローンに申し込み手続きをして、無事に審査に通った人は世の中には大勢います。しかし、そんな人たちの中にも、自分に与えられた限度額には満足できないという人も意外に多いものです。たとえば「自分は100万円借りたくて申し込んだのに結果は半分の50万円の額しか与えたもらえなかった」といった具合です。このように銀行借入限度額というものは、必ずしも自分の希望に叶う額であるとは限らないのです。
そもそも人間というものは誰も皆、何事においても自分自身には甘い判断を下してしまうことが多いのです。ですから銀行や消費者金融などから融資を受ける際でも、「自分の年収なら最低100万円、上手くすれば最大で200万円くらい借りられるだろう」と借入限度額を自分勝手に甘く見積もってしまうのです。しかし現実は厳しいものであり、実際に銀行に申し込んでみると、審査の結果、自分に与えられた銀行借入限度額は50万円だったりするのです。
ですから自分なりに借入限度額を予想する時は、甘めに予想するのではなくて逆に辛めに予想すべきなのです。そのように最低でも何割かは辛めに予想を立てておけば、予想と現実とのギャップは、きっとそんなに大きくはならないで済むに違いありません。
ちなみに消費者金融は銀行と違って貸金業者ですので、総量規制の対象になります。つまり最大でも年収の三分の一を超える借入はできませんので、余計に辛めの予想を立てておくくらいで丁度良いでしょう。