キャッシングの総量規制対象外とは

総量規制とは、2010年に施行された改正貸金業法で、債務者への過剰貸付を防ぐために、債務者が年収の3分の1を越える借り入れができないように定められた法律です。
この総量規制の対象となる借り入れは、消費者金融、信販会社、クレジット会社です。
これは、以前高金利で過度の貸付を行うことが横行したため、破産する人が増えたことで国から規制を受けました。
ただ、この総量規制の除外となる借り入れもあります。
総量規制対象外とは、貸金業法で定められた総量規制の例外貸付または除外貸付で、債務者の有利借り換えや緊急の医療費の貸付など、住宅ローンや車のローンなどのことです。

 

そのため、収入のない専業主婦の場合、消費者金融などのキャッシングを申し込むことができませんが、銀行系のカードローンなら融資を受けることが可能です。
銀行はもともと対象外で、銀行法に基づいて営業していますから、消費者金融では無理でも銀行系のカードローンなら申し込むことができますし、夫の収入が安定していれば審査に受かる確率も高いといえます。
銀行カードローンなら、誰にも頼らずに自分で申し込むことができ、低金利なので毎月の返済も家計に負担がかかりません。
即日融資ができるところや、金利ができるだけ低いところなど、どんな条件で借りられるかを事前にきちんと調べ、その中から、自分に必要な条件に沿った金融会社を選ぶことが大切です。
内緒で借りられるというメリットもあるところや、小返済額など使い勝手のよいポイントもありますから、興味のある方は一度調べてみてはいかがでしょうか。